web体験予約

名古屋校が解説!KPOPオーディションの秘密

2022年02月27日
女性

KPOPアイドルとしての夢を追いかけるには、オーディションは避けては通れないステップ。し

かし、オーディションについての詳細や、どうすれば成功の確率を上げることができるのか、疑問を抱える方は多いでしょう。

KPOPオーディションの基本

女子高生

KPOPのオーディションは、大きく歌手、ダンサー、モデル、演技の4部門に分類されることが多いです。ただし、日本でのオーディションとは異なることもあります。

審査の流れは、初回から最終までいくつかの段階が存在するのが一般的。合否はその日のうちに知らされることもあれば、結果を後日知らされることも。

したがって、事前に詳細な要項をチェックし、それに基づいた練習を重ねることが肝心です。

オーディション参加のステップ

申込み

まず、希望する部門に応募。エントリーシートには基本情報のほか、自身のアピールポイントもしっかり記載しましょう。

自己紹介

インタビュー

一般的に、自己紹介の時間が設けられる。短い時間でもしっかりとアピールすることが求められるため、事前の準備は不可欠です。

パフォーマンス審査

マイク

ここでは、歌、ダンス、ラップといったアイドルとしてのスキルが審査される。歌やダンスの内容はオーディションにより異なるので、しっかり事前調査をしておきましょう。

韓国では、実技だけでなく、外見やルックスに関する審査も非常に厳しいので、その点も意識することが大切です。

追加の審査

カメラテスト

一部のオーディションでは、カメラテストが追加されることがあります。これは、アイドルとしてのカメラ映えや、カメラ前でのパフォーマンスを評価するもの。

緊張するかもしれませんが、自分らしさを大切にし、堂々と挑むことが必要です。

結果発表

オーディションが終われば、結果を待つのみ。合格通知の方法はオーディションにより様々なので、その点も事前に確認しておくと安心です。

最後に

合格

オーディションの実際の雰囲気は想像以上にプレッシャーを感じる場面もあるでしょう。

しかし、失敗を恐れず、積極的に挑戦することで、自分の成長や新しい発見があるはず。様々なオーディションにトライして、経験値を上げていきましょう。