web体験予約

名古屋校でも大注目のKPOP!歴史や今の世代について

2022年04月09日
アイドルのステージ

韓国のポップ音楽の世界は絶えず変化しており、新しいアイドルが次々とデビューしています。

しかし、その中で名を馳せることができるアイドルは少数派。

今、脚光を浴びているアイドルたちは「第4世代」と称されていますが、その背後には深い歴史があります。

今回は、KPOPの黎明期、第1世代アイドルたちに焦点を当ててみましょう。

1990年代: KPOPアイドルの始まり

ステージ

この時代、特に目立って活動していた男性アイドルには「ソテジワアイドゥル」や「H.O.T.」、「god」、「Sechs Kies」、などがいます。

この時期、多くのグループは主にボーカルを中心に活動しており、日本の歌謡曲に似たスタイルが主流でした。

しかし、「ソテジワアイドゥル」や「H.O.T.」のようなグループが新しい音楽スタイルを取り入れることで、韓国音楽の新たな道を切り開いていきました。

女性アイドルの世界では、「Jewelry」、「S.E.S」、「Fin.K.L」、「Baby VOX」が第1世代の中核をなしていました。

特に「S.E.S」はその時代を代表するグループとして、韓国内外で絶大な人気を誇っていました。

彼女たちの成功を受けて、新たな女性アイドルグループが続々と誕生し、多くの女性ファンの憧れの存在となりました。

2000年代: 第2世代の到来と韓流ブーム

スポットライト

2000年代後半、音楽のスタイルや構成が変わり、第2世代のアイドルが台頭してきました。

この世代では、メンバーがボーカルとダンスの両方をこなすことが一般的となり、技巧的にも洗練されたパフォーマンスが求められるようになりました。

さらに、この時期日本で韓国ドラマ「冬のソナタ」の影響をきっかけに韓流ブームが到来。それに伴い、アイドルグループも日本のテレビ番組やライブでの活動が増え、「東方神起」や「BIGBANG」などが大きな人気を集めました。

現代: 第3世代から第4世代へ

ライブ

第3世代アイドルとしては、国内外で絶大な人気を誇る「TWICE」や「BTS」、「BLACKPINK」などが挙げられます。

彼らの成功を受け、新たなアイドルが次々とデビュー。現在は「ITZY」や「ATEEZ」、「TXT」といった第4世代アイドルが韓国音楽界を牽引しています。

新しいアイドルや音楽スタイルが生まれる度に、その変遷と発展を楽しみにしているファンは多いことでしょう。